-

車の【全損】とは名称通り全てが壊れてしまう状態、結果的に走行が出来ないなど移動手段の車として役目を満たさなくなった場合に使われますが自動車の保険で言う【全損】は多少同様ではないニュアンスが込められていたりします。保険の場合では乗用車が損傷を受けた場合には「全損と分損」のように区別され【分損】は修復のお金が保険金でおさまる事を表し逆に〈全損〉とは修復のお金が保険金の額より高くなることを言います。修復で《全損》と言われると車の心臓となるエンジンに修復できない損害を受けたり、自動車の骨格がいびつになっていて直すことが難しい場合リユースか処分になるのが当然です。けれども、乗用車の事故が起こってお店や自動車保険会社がこの修理費を見積もった状況で例え表面が問題なく修復ができる状態でも修理の費用が補償額よりも大きかったら何の目的のために乗用車の保険加入しているのか分からなくなるでしょう。こういったときには全損としてマイカーの権利を保険会社へ渡して補償金額を受けとることになっています。当然の事ですが長年連れ添った車で執着があり、自分で費用を出して修理して使用したいというドライバーはたくさんいますので場合によっては自動車保険会社と話し合ってみるといいのかもしれません。もっといえば、保険ではそのような時が想定され特約など【全損】のために特約がある場合が多く、万一自家用車が【全損】なった時でも新車購入など代金を一部払ってくれる場合もあったりします。更に盗難にあった時の保険金の特約をつけるならばとられてしまった愛車が発見できない場面でも《全損》と判断され、補償金が支払われるようになっているようです。

Category

リンク