-

なにかと簡単に使うことができる借入ですけれども、忘れてはいけないのはカード会社は利益を立てるために金利を掛けているということです。お金を貸すのはカード会社なので当たり前のことですが、借金の利率はけっこう高くなっています。グレーゾーンに位置する利子が標準化されていたころには29.20%などというものすごい高い利率で申込していました。さらに当時は総量規制のようなものは存在しなかったので、どのようにも貸し付けていたのです。そうして不良債務者を作り出しにっちもさっちもいかない方が増えてしまいました。当然ながら総量規制といったものによってつまるところ自分たちの退路を塞ぐことになってしまいました。話が脇にそれましたが、今では利率は相当低水準になったのですがそれでもなお他の金利と比べて高い水準なのは異論ないと思います。借りる金額が少ないならそうプレッシャーには感じないでしょうか、大きい金額の借金をしてしまった場合額に応じて支払いの時間も長くなりますので、利息として支払う額についても結構なものとなるかと思います。実際にシミュレーションで算出してみると最終的には相当な額を支払っていることが認識されると思います。これを当然のように認識するかあるいは損をしていると感じるかは借りた人によりますが、私の感覚ではこれだけお金があるのなら好きなものを購入できるのにと躊躇してしまいます。これだけの利子を支払いたくはない方は、できるだけ返済月数を繰り上げるように気を配りましょう。ほんの少しづつでも繰り上げ支払をしておくと引き落し回数を少なくすることができるのです。本当に必然性もなく借入するような方はいるわけがありあません。やむにやまれずわけがあってしょうがなく借りることになるのであとは支払いを若干でも縮めるといった工夫が要求されます。またより余力があるような場合には多く返済をして、早めの支払いを心がける必要があるのです。

Category

リンク