-

実際にPCの前に座ってリアルタイムで変化している市場を見ているとすぐに売り買いをしたくなる衝動に駆られる方も少なくないだろう。だがしかし、なんとなく思いで売り買いをするのだけは、断じてしてはいけません。事実、外国為替市場は四六時中どういう時でもどこかの国の外国為替相場がオープンしているし為替相場もどういう時でも上がったり下がったりします。しかしながら、何回も売買を重ねているとそれだけ損失が生じる危険性が上がってしまいます。もちろん、エントリーの回数を積む事でじょじょに勝利する確率か半々に近づくのは事実です。しかしその事は「ぼんやりとしたアイデアでトレード」することとは別問題です。売買回数を重ねるとは自ずから「ここは!」と思える勝算を得られたところでの注文回数を積むという事を意味します。ただ何となく、取引を経験するのとは明確に違います。市場の戦いに立ち向かうためには、己で緩急をつけることが不可欠です。「ここがチャンス」と思えた市場の時には、所有ポジションを積み増して積極的に儲けを追求します。「少し頭をかかえる外国為替相場でどうなるか読めないな」と思案した時は観念して保持ポジションをひとつも残さないで閉じて何もしない。これくらいのメリハリをつける方が売買は成功します。市場の名言には「休むも相場」というものがある。実にその通り。為替取引とは何も常にポジションを保有する事が大事ではなくポジションを持たずにじっと見ていることも時には相場なのである。そうであるならば、どういう時に休むべきなのでしょうか。第1に考えられるのが、先述した通り、これからのマーケットがしっかりと良く見えない時です。今後どちらにいくのか明確でない時は間違って判断すると、書いた台本とは逆方向に相場が動いてしまい損をする事になります。そのため、そういう場合はポジションを無くして何もしないで静観を決め込むのがいいだろう。第2に、あなたの健康状態がよくない時です。体の調子と為替相場に何の影響も与えないと感じる方もいるでしょうが実際には案外影響します。体の調子がすぐれなければ、市場の大切な状況で、必要な判断を下すことが出来ない場合があります。関心がわかない時は相場から距離を置くことも必要な事です。

Category

リンク