-

ここ数年概してどの自動車保険会社も値段つり上げに転じています。保険が保険料の釣り上げをするなどという事態が起こると、直に一般市民の暮らしにかなり大きく打撃を与えてしまいます。さて、なぜ自動車損害保険が値上げをされるという事態になっているのか、おわかりでしょうか?そのことの原因として検討に値する事は、二つ考えられます。まず第一に老年期の自動車運転手が年々数を伸ばしていることです。乗用車を保持しているのがごく当たり前の世の中になった故、お年寄りの自動車ドライバーも増加しつつあります。また、この国全体が高齢化社会を迎えつつあるといった趨勢が加わってこれから更にお歳を召した乗用車所持者が割合的に増えていく傾向のようです。老齢の場合、一般的には掛け金がお求めやすく販売されているゆえ、保険会社にとっては、うま味がないと言えるのです。なぜなら保険料が安いのに自動車事故を起こされた場合コストに見合わない補償費用を被保険者に支払わなければならないという事情があるからです。その場合、リスクが極めて高いので自動車損害保険会社の立場から考えれば保険の掛け金を値上げするという方法で身を守るしかありません。次に、二つ目の理由に挙げられるのは、若年世代の車に対する淡白な態度です。高齢者の自動車運転者は増えている傾向にありますが反対に比較的若い世代は自動車に対するプライオリティが低くなりつつあるのです。このような背景には何があるかと言うと、パブリックな交通に関するインフラの簡便さとお金に関わる問題なのです。安定した仕事に就くことが困難な若年世代が数多く存在するため、車を購入することができないといった方も相当数いると考えられます。その上、一昔前ならば、自家用車を持っている事が正業に就く人のステータスというのが当たり前でしたが現在は乗用車の所有がステータスだ、などとは言いにくくなってきました。こういった理由で保険の料金が高齢者より高額な若者の被保険者が年々数を減らしているのです。このような様々なことが考慮された結果自動車損害保険会社も料金釣り上げに踏み切らざるを得ないのだと言えるでしょう。

Category

リンク